2013年02月07日

「すべての民の祈りの家」

この前のお話は「宮きよめ」というタイトルで有名なお話。
聖書箇所はマルコ11章15〜18節

十字架に架けられる前の最後の1週間に入ったところのお話です。
イエス様はエルサレムの神殿に来られました。
エルサレムの神殿には神様にささげるための羊やはとを売るお店やローマの通貨をユダヤのお金に両替して納めるための両替所がありましたが、礼拝者のためと見せかけて、実は法外な値段や手数料で儲ける商売人や両替人がいる「強盗の巣」になっていたというのです。

イエスは商売人を追い出し、両替所の台を倒され、言われました。

【暗唱聖句】
わたしの家は、すべての民の祈りの家と呼ばれる。
マルコ11章17節


教会ってところは、
敷居が高い・・とか
クリスチャンしか行ってはいけない・・・とか
思われている場合がありますが、
教会も
「すべての」人のための場所です。
どうぞ、お気軽にお越しください。


教会員が閉鎖的になってしまっていないか。
それとも、宣伝不足のため、知られていないのか・・
「すべての民の祈りの家」
としての教会でありたいな〜と思わされたこの日のお話でした。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析
posted by kumonohashira at 17:25| 群馬 ☔| Comment(4) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『教会』=“お座敷帯”――。
んなアホなwwww

とっても開放的な場所って思えます(๑╹ڡ╹)╭ 〜 ♡
Posted by みどか at 2013年02月08日 15:18
midoriさん、こんにちは!!
教会は・・「とっても開放的な場所」!
ですね!
感謝〜〜(^0^)/
Posted by kumonohashira at 2013年02月08日 21:38
教会は、全ての人の為の場所!
ホント、その通りですよね(^O^)
新年にはいつも思います。
クリスマスだけでなく、初詣も是非教会へ!
私も、地域の方々がお気軽に集って下さるといいな、と思います(*^_^*)
Posted by ルーシー at 2013年02月10日 21:03
ルーシーさん、こんにちは!
コメントありがとうございます^^
教会にたくさんの方が集うように、
お互い祈り続けていきましょう!
Posted by kumonohashira at 2013年02月10日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。