2013年02月27日

万華鏡とフリースビー

この前の教会学校お楽しみ会では
簡単でキレイな万華鏡とよく飛ぶフリースビーを作りました!

材料はアルミ缶と分光シート。
アルミ缶の底に模様を描いて、点々と穴をあけていきます。
DSCN0017.JPG
画びょうとトンカチを使いましたが、アルミ缶なので、簡単に穴があけられます。
DSCN0011.JPG

アルミ缶の飲み口にキラキラの元になる分光シートを張り付けて、出来上がり。
DSCN0016.JPG

のぞいてみると・・・
DSCN0010.JPG
想像以上に美しい虹色!
DSCN0013.JPG

続いて、フリースビー作り。
新聞紙で作ります。
DSCN0019.JPG
好きな絵を描いて出来上がり。
これがけっこうよく飛んで、男の子は夢中になってました。


教会学校の次回のイベントは
3月31日(日)のイースタースペシャル
が予定されていますので、
お近くの方、ぜひいらしてくださいね〜♪

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析

posted by kumonohashira at 20:52| 群馬 ☔| Comment(4) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
万華鏡がこんなに簡単に作れちゃうなんて!
すっごく綺麗ですね〜!
フリスビーは、新聞紙の中には何が入っているのですか?
にゃんこちゃんの絵が可愛い♪
工作は、子ども達、夢中になりますよね(*^_^*)
Posted by ルーシー at 2013年02月27日 23:37
kumonohashiraさん、こんにちは。

万華鏡ってどうやって作るのかなと思っていたのですがこのような作り方もあるのですね。
ビーズなどの小物を入れるものと違って光を楽しむのって良いですね。
フリスビーの作り方も気になるところです。

Posted by sheep at 2013年02月28日 11:49
ルーシーさん、こんにちは!!
万華鏡、簡単でこんなにきれいで良かったですよ〜〜
フリースビーは新聞紙を帯状に折り、セロテープで止めて輪をつくり、太鼓の膜を張るように新聞紙で包めば出来上がり。
・・・とこちらも簡単なんです。

絵は我が家のひげ猫ちゃんなんです♪
Posted by kumonohashira at 2013年02月28日 13:30
sheepさん、こんにちは!

万華鏡というとビーズとか色紙を入れて作るイメージでしたが、これは光のプリズムを利用したもので、簡単で、しかも美しい色彩が見られて感激でした。
「分光シート」というのが特殊な用紙でちょっとお金がかかりましたが・・・

フリースビーは男の子が特にはしゃいでました。
新聞紙を帯状にして、セロテープで止めて輪をつくり、その上に太鼓の膜を張るように包んで裏側をセロテープで固定するだけ。
こちらも簡単、かつエコなおもちゃでした!
Posted by kumonohashira at 2013年02月28日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。