2013年05月13日

母の日

昨日は、母の日。
教会学校では母の日のプレゼント作りをしました。


プレゼントはアロマキャンドル。
DSCN0600.JPG

半透明のボックスに入れます。
DSCN0597.JPG
8枚入りで105円!

かわいいお花柄のメッセージカードをつけました。
DSCN0596.JPG
封筒とメッセージカードが10セット入りで105円。


これをちょっと色画用紙でお飾りをして
DSCN0585.JPG
完成。

DSCN0580.JPG
かわいくできました!
感謝!!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析





posted by kumonohashira at 17:04| 群馬 ☔| Comment(3) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄ーい!こんなに安くて可愛いラッピングのプレゼントが出来ちゃうなんて!

私の教会では、母の日も父の日も『一服セット』というのを作るのですが、ティーバッグと小さなお菓子とみことばカードの詰め合わせ。
私の教会のプレゼントも、もう少し工夫した方が良いなぁ…
kumonohashiraさんのブログを拝見して、いつも思います(*^_^*)
Posted by ルーシー at 2013年05月13日 18:57
ルーシーさん、こんにちは!
コメントありがとうございます^^

「一服セット」っていうのも良いですね〜♪
私たちの教会では行事ごとに担当を決めて何をやるか考えています。今回は私が当番だったのですが、良い知恵が与えられて感謝でした(^0^)/
Posted by kumonohashira at 2013年05月13日 20:57
題:キリスト教の本路線・・・。
.
 死んでくれたという恩義という『義』を、
 信仰のエネルギーにしているキリスト教。
 その様に設定したのは、パウロ。
 パウロは、ユダヤ教のガチガチの聖職者だった。
 キリスト教の旧約聖書は、
 ユダヤ教の正典でもあるが、
 パウロの頭には、
 このユダヤ教の正典が頭にこびりついていた。
 このユダヤ教の正典には、
 スケープゴート(生け贄の山羊)・
 供犠(くぎ)の観念が
 嫌と言うほど書かれている。
 血の供犠である。
 この観念に染まったパウロは、
 十字架上の死の血を供犠とし、
 復活と共に、
 キリスト教の宗教企画の骨格とした。
 また、
 『復活』もユダヤ教正典に出ている一般的な事。
 今、
 パウロが宗教企画したキリスト教が、
 キリスト教と呼ばれているが、
 イエスの流れをくむイエスの弟・ヤコブを教会指導者とする
 イエスの親族方たち、
 及び、
 イエスの直弟子たちのキリスト教の流れは、
 このパウロのキリスト教とは違う。
 このイエス親族の本路線と、パウロの路線があり、
 今、キリスト教は、
 パウロ路線のパウロ・キリスト教と言える。
           (つづく、後はブログに)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp
Posted by ななしのひつじさん at 2013年05月23日 01:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。