2012年12月22日

「放蕩息子」のたとえ話から

この前の教会学校のお話は
有名な「放蕩息子」のたとえ話のお話でした。


中高科ではいつものように聖書をみんなで輪読。
このお話には父と息子2人が出てきます。

今日の箇所の中では誰に共感したか、どんな言葉が心に残ったか。
を聞いてみました。

普段は「特になし」と言うことの多い少年が真っ先に発言。
兄に共感する、というのです。
兄の弟への怒りはもっともだ!!
と。
他の子もそう思うとのこと。


私も同感!
と思うことが多いのですが、今回久しぶりにこの箇所を読んで感じたのは、父の思い。
兄も弟も父にとっては大切な存在なのだということ。

兄も、父の家で「月に一度はパーティーを開きたい」とか言って大いに楽しめばいいじゃない。とか思ったり・・・

充実の中高科でした。


【暗唱聖句】
私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。
Tヨハネ4章16節


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析


放蕩息子のたとえ話の聖書箇所は
ルカ15章11〜32節
http://bible.e-lesson1.com/1luka15.htm

posted by kumonohashira at 18:38| 群馬 ☔| Comment(2) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

クリスマススペシャル!が行われました

昨日の午後は尾島キリスト教会の教会学校の
クリスマススペシャル!
が行われました。

子供たちによる降誕劇などの出し物は今年は行われませんでしたが、
集まった子供たちみんなでスクリーンに映し出された聖書の箇所の朗読と
賛美をしました。

その後、腹話術のノブちゃんの登場。
DSCN0041.JPG
博士たちの礼拝のお話でした。

キャンドルサービスも行い、一部は終了。


2部は会場を変えて、
おやつをいただきながら・・の時間です。

今年はビンゴ大会を開催。

FSCN0057.JPG
私のカードはこんなにいっぱい数字が開いて、
やっとビンゴ〜〜

大人たちからビンゴ〜になっていき、
子供たちは最後まで残っていましたね・・・

でもみんなプレゼントをもらって、
お友達同士で交換したりして、
みんな自分の好みのものがもらえたかな?


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析
posted by kumonohashira at 15:11| 群馬 ☔| Comment(2) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

「CSクリスマススペシャル!」のお知らせ

今度の日曜日12月16日(日)は
尾島キリスト教会で

教会学校クリスマススペシャル!
が行われま〜すかわいい
12月16日(日)13:30〜

ゲームや腹話術、キャンドルサービス、ビンゴ大会などなど・・
盛りだくさんの楽しいクリスマススペシャルです。

きょうダビデの町で、あなたがたのために、
救い主がお生まれになりました。
この方こそ主キリストです。
ルカ2章11節


教会でクリスマスをおいわいしよう!
どなたも歓迎で〜するんるん

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析
posted by kumonohashira at 21:23| 群馬 ☔| Comment(2) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

「神殿建設とソロモンの失敗」というお話

この前の日曜日の教会学校のお話は
ソロモン王の続き。

ソロモンは神様を礼拝するための場所、神殿を建設しました。
7年かけて、世界中から取り寄せた最高の材料を用いて・・・
イスラエルの国はどの国よりも栄え、その名声は外国にも知れ渡りましたが、
晩年には異教の妻たちの拝む異教の神々の礼拝所をつくり、
自分も拝み、イスラエルの神様から心が離れてしまいました。

聖書箇所は列王記第一6章〜11章
非常に長い箇所なので、分級では列王記第一10章だけ輪読しました。

ソロモンの知恵がどれだけすごいものなのか試そうと
シェバの女王がはるばるやってきた場面です。

初めて私がディズニーランドに行ったとき、
パーク内のアトラクションやお店や水飲み場、ゴミ箱に至るまですべてディズニーの世界で、
ディズニーランドで働いている人たちの態度と服装にも驚きましたが、
シェバの女王の驚きはこんなものではなかったようです。



シェバの女王は、ソロモンのすべての知恵と、
彼が建てた宮殿と、その食卓の料理、列席の家来たち従者たち、
および彼が主の宮でささげた全焼のいけにえを見て、息も止まるばかりであった。
列王記第一 10章4,5節


黙示録など読むと天の御国のことが書かれてありますが、
天の御国がどんなにすばらしいか一生懸命想像してみるのですが、なかなか理解できないです。


実は、私は、自分で来て、自分の目で見るまでは、そのことを信じなかったのですが、
驚いたことに、私にはその半分も知らされていなかったのです。
あなたの知恵と繁栄は、私が聞いていたうわさよりはるかにまさっています。
列王記第一 10章7節


シェバの女王もソロモンの知恵と繁栄は、自分の想像をはるかに超えていて驚いた、と言っています。

ソロモンの神殿がどんなだったのか、聖なる都、新しいエルサレムとはどんなところなのか・・・
そんなことを思いめぐらした分級でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析


posted by kumonohashira at 21:47| 群馬 ☔| Comment(2) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

「知恵を求めたソロモン」というお話

この前のお話は「ソロモンの知恵」というタイトル。

ダビデ王の後をついで、イスラエルの王となったソロモン。
神様を愛して従った父ダビデの教えを守り、歩み始めました。

ソロモンは千頭のいけにえをささげ、神様を礼拝しました。
その夜、ソロモンの夢の中に神様が現れ、こう仰せられました。
「あなたに何を与えようか。願え。」

ソロモンはイスラエルの国を正しく治めるための知恵を神様に求めました。
このソロモンの願いを神様はとても喜ばれ、ソロモンの願いどおり
国を治めるための知恵の心と判断する心を与え、
さらにソロモンが願わなかった富と誉れもお与えになりました。

【暗唱聖句】
あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、
その人は、だれにでも惜しげなく、
とがめることなくお与えになる神に願いなさい。
そうすればきっと与えられます。
ヤコブ1章5節


ただし、少しも疑わずに信じて願いなさい。
・・・とヤコブ書では続きます。

今週、来週は中学や高校で期末テストが行われるところが多いですね〜
しっかり勉強して、試験が受けられますように!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析


posted by kumonohashira at 13:32| 群馬 ☔| Comment(4) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

「ゴリアテを倒すダビデ」というお話

この前の教会学校の中高科では
第一サムエル記17章を読みました。

内容は、少年サムエルがペリシテ人の大男ゴリアテに立ち向かい、倒した場面。


ゴリアテはイスラエルの陣営にやってきては、威嚇し、脅しました。
40日間。朝と夕。

40日間、朝も夕も否定的な言葉を聞き続け、
イスラエル軍は意気消沈してしまいました。

しかしダビデは非常に前向き。

聖書の第一サムエル記17章に出てくるダビデのセリフに注目しました。
ダビデのセリフは9つ。


この中で心に留まったのはどのセリフか、
みんなで分かち合いました。


私が心に留まったのはこちら。
獅子や、熊の爪から私を救い出してくださった主は、あのペリシテ人の手からも私を救い出してくださいます。第一サムエル17:37


暗唱聖句は、
見よ。神は私の救い。私は信頼して恐れることはない。
イザヤ12章2節


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析


posted by kumonohashira at 20:05| 群馬 ☔| Comment(0) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

ダビデのお話から

昨日の教会学校は
小さなダビデ君たちの集まった礼拝になりました。


この日のテーマは「神様に選ばれたダビデ」
先週の祝日、この箇所についてどのように分級を行うか、研修を受けてきたところです。


先週の祝日、「cs教師研修会」というのが行われました。
講師は、cs教育で有名な杉本玲子先生

午前中は講義。
午後は実践。グループに分かれて模擬分級を行いました。
私は中高科。
中高科に希望して集まったのは4名。
午前の講義を踏まえ、どんな分級にするか話し合い、その後発表しなければなりません。


ダビデは7人兄弟の末っ子。
まだ小さなダビデは預言者サムエルの訪問の際にも同席させてもらえず、羊の番をさせられていた子なのに、神様はダビデをイスラエルの王として選ばれました。(実際に王になるのはもっと後)

暗唱聖句は
人はうわべを見るが、主は心を見る。
第一サムエル16章7節


神様が見られたダビデの「心」はどんなものだったのか?

約1時間しかない中でまとめるのは難しかったです。
というか研修会の時には私はまとまらなかったです。


後で考える中で悟ったことは、
ダビデは自分に与えられた任務に非常に忠実だった、ということ。

毎日単調とも思える羊の番の仕事に忠実だったから、
イザというとき、力を発揮できたんだろうな・・

大男ゴリアテと戦い勝利する力とか、
王様の前でたて琴を立派に演奏する技術とか・・


与えられた務めに対してどこまでも忠実であり、最善を尽くしたダビデ!!


研修会の中で、CS教育に忠実に取り組んでこられたCSの先生たちの模擬分級を見させていただき、勉強になりました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析















posted by kumonohashira at 17:27| 群馬 ☔| Comment(2) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

雄々しくあれ。強くあれ

強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。
あなたの神、主が、あなたの行くところどこにでも、あなたとともにあるからである。
ヨシュア1章9節


この前のお話は、
モーセの死後、後継者として選ばれたヨシュアのところでした。

偉大な指導者だったモーセの後を任され、まだ若い、経験も少ないヨシュアはどんな心持だったのでしょうか。
ヨシュア記1章には「強くあれ。雄々しくあれ。」と励ましの言葉が何度も出てきます。

 ♪♪雄々しくあれ。強くあれ。少年たちよ。♪♪

少年たちもがんばってます。
120825_0731~02.jpg

夏休みももうすぐ終わりです。

mini_120825_0731.jpg

早め、早めにやっとけば焦らずに済むのに・・・
と思うのですが、切羽詰まらないとやる気にならないそうで・・・

自分に気合を入れてる様子がようやく見られました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram





posted by kumonohashira at 21:25| 群馬 ☔| Comment(5) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

「ヨシュアとカレブ」のお話から

この前の教会学校のお話は、
イスラエルの人たちがようやく約束の地「カナン」の目の前にやってきたところのお話。

モーセはカナンに12人の調査隊を送り込みます。

12人の報告は、
「カナンの地はとても素晴らしかった!!」
というのは共通しているのですが、
そのうち10人は
「しかし、無理だ。高い城壁に囲まれ、強い人たちが住んでいるから。」

たった2人、ヨシュアとカレブだけは
「神様の約束を信じて進むなら、大丈夫です。その土地に入ろう。」
と言いました。

イスラエルの人たちは神様の約束を信じないで、10人の神様に反対する意見に従ってしまいました。

イスラエルの人たちはその後40年間荒野の旅を続けなければならず、
約束の地に入れたのはヨシュアとカレブだけでした。


【暗唱聖句】
信仰がなくては、神に喜ばれることができません。
神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。
へブル11章6節


見えない明日に向かい 立ちすくむ そんな時は
主イエスの歩んだ道を見上げて 力を得よう
こんな小さなものさえも愛し続けて
恵みを とわの命を 与えてくださる主よ
みあとに進んでゆこう


Lyre(リラ)の歌の中にある歌詞を思い出し、
見えない明日に向かい、歩む力が与えられました。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram




posted by kumonohashira at 17:28| 群馬 ☔| Comment(2) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

「食料と水」というお話から

この前の日曜日のお話は、
モーセに率いられたイスラエル人たちがエジプトを脱出し、荒野への旅がはじまったその後のお話でした。

今のように、ナビやケータイ、コンビニも車もない時代の旅はどんなに大変か、現代人には想像もできませんが、神様が昼は雲の柱で、夜は火の柱で守り導いてくださいました。

目の前に広がる海も強い風を吹かせ、海の真ん中に乾いた道ができるようにしてくださり、イスラエル人たちは海を渡ることができました。

エジプトを脱出して1か月たつと、持ってきた食料も少なくなってきて、
人々は不平不満を言い始めました。

こんなところで飢え死にさせるつもりか。
エジプトにいたほうがまだましだ。

モーセが神様に祈ると、
神様は夕方にはうずらを、朝にはマナという白く甘いウエハースのような不思議な食べ物を天から降らせてくださいました。
それに、砂漠の岩から流れ出る水を!!

【暗唱聖句】
すべてのことを、つぶやかず、疑わずに行いなさい。
ピリピ2章14節


この日の中高科では、
「神様は私に〇〇を与えてくださった」
を分かち合いました。

神様は私に健康を与えてくださいました。
神様は私に家族を与えてくださいました。
神様は私にいのちを与えてくださいました。
神様は私に友達を与えてくださいました。
神様は私に住む家を与えてくださいました。
神様は私に食べるものを与えてくださいました。
神様は私に着る服を与えてくださいました。

たくさん、たくさん感謝しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

posted by kumonohashira at 21:33| 群馬 ☔| Comment(2) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

バーベキュー楽しかったよ

毎日、猛暑が続いています。
この日も猛烈な暑さでした。
7月29日!!
教会学校夏休みスペシャルが行われました。


会堂で短い集会をしたあと、外に移動し、水を使って遊びました。
水鉄砲をつかった、「水鉄砲射的」やスーパーボールすくいで遊びました。

しかし、子供たちは水かけをしたい!!というので、
早々と水かけになりました。

射的用の水鉄砲はこちら。
水遊び3.JPG

こういう水鉄砲で水をかけあっているうち、
ついにスーパーボールすくい用のプールにまで入って、全身びしょぬれになってしまいました。
水あそび.jpg

そのあとはスイカわり。
水遊び2.jpg
終わって、食べているところ。


夕方からバーベキュー。
食べたりおしゃべりするのに忙しくて写真は撮らなかったのですが、
空がすごい!というので見てみると、くっきり色分けされた夕焼け空!!
バーベキュー2.JPG

みんなでこの空をしばし眺め、写真を撮ったりしました。
バーベキュー3.JPG


もう、汗びっしょりの一日でしたが、片づけをしていると、教会の黒板にこんなメッセージが。
バーベキュー.JPG

感激ですね〜かわいい

わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださ ったことを何一つ忘れるな。
詩編103編2節


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

posted by kumonohashira at 15:35| 群馬 ☔| Comment(5) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

「エジプト脱出」というお話から

この前のお話も出エジプト記の続き。

かえるやいなごなどの災いが起こっても心を改めなかったエジプト王様に、ついに神様からの最後の災いの宣告がなされました。

真夜中に神様が来られて、エジプト人の家の初子は王の子も貧しい家の子も家畜の子も死んでしまう、というものでした。

王の家臣たちは「この男たちを行かせ、彼らの神、主に仕えさせてください。エジプトが滅びるのがまだお分かりにならないのですか。」と言うようになっていましたが、エジプト王は相変わらず強情でした。

「家の門に子羊の血を塗りなさい。神様はエジプトの国に最後の災いを送りますが、門に子羊の血が塗ってある家は災いに遭いません」災いを起こす前に神様がイスラエル人に命じました。

その夜、神様の予告通り、家の門に子羊の血が塗っていない家では、どのうちでも初子が死んでしまいました。
神様のおことばに従って、子羊の血を家の門に塗ってある家には災いから守られました。

「主はエジプトにいたイスラエル人の家を過ぎ越され、私たちの家々を救ってくださった」ことの記念としてイスラエル人は「過ぎ越しの祭り」を今でも行っています。

「過ぎ越しの祭り」のときに、イエスが十字架につけられ、殺されました。
家の門に子羊の血を塗りイスラエル人は災いから守られ、
奴隷の家エジプトを脱出し、約束の地への道に導かれました。
私たちにはイエスの十字架。
神の子羊であるイエスの血。

【暗唱聖句】
御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。
第一ヨハネ1章7節


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram



posted by kumonohashira at 21:27| 群馬 ☔| Comment(2) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

「夏休みスペシャル2012」のお知らせ

毎年恒例の
教会学校 夏休みスペシャル!!
今度の日曜日7月29日に行います!!!

13時30分〜

今年も水を使った遊びがありますかわいい
SSCN6062.JPG
すいかわりもありますiモード

SSCN6059.JPG
(写真は去年のもの)
参加は無料!!

お気軽にお越しくださいるんるん


夕方5時からはバーベキュー!!
中学生以上500円
小学生300円
幼児は無料

お待ちしてます晴れ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram
posted by kumonohashira at 22:21| 群馬 ☔| Comment(4) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

モーセのお話から

先週のお話は、
モーセとアロンがエジプト王のところに乗り込み、神様のお言葉を伝えたところでした。

「イスラエル人を、エジプトから出て行かせてください。これは神様のご命令です。」

しかし、エジプト王は全く聞く耳を持ちません。
「お前たちの神など私は知らん。さっさと戻って仕事をしろ。」
怒った王様は、イスラエル人たちの労働を前よりもっと厳しくしました。

イスラエル人たちはひどい仕打ちにへとへとになり、
モーセとアロンの姿を見つけると、「お前たちのせいだ」とののしりました。

モーセは悲しくなって神様に祈りました。
「神様、どうしてご自分の国民にこんなひどい取り扱いをなさるのですか。
何のために、私を遣わされたのですか。神様の命令を王様に伝えてから事態はよくなるどころか、ますます悪くなるばかりです。」

神様がおっしゃいました。
「わたしがしようとしていることは、もうすぐわかる。
わたしは必ず、イスラエル人を助け出す。わたしは主である。」

そして、イスラエル人たちのところへ行くように、エジプト王にもう一度会いに行くようにという神様の命令に従い出て行きました。

以前のモーセはイスラエル人の反発や王の怒りを受けると、逃げてしまいましたが、この時のモーセは強いです。
強情な王様のところに何度も何度も会いに行き、神様のお言葉を伝えました。



この強さの秘訣は何なのか???
・・・を、考えました。


祈りの中で神様に疑問や怒りをありのままにぶつけるモーセ・・・
神様との深い信頼関係・・・
一緒に戦ってくれる兄アロンの存在・・・


長い聖書箇所でしたが、とても恵まれる箇所です。


【暗唱聖句】
わたしは主である。
出エジプト記6章2節


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram


posted by kumonohashira at 21:59| 群馬 ☔| Comment(2) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

「燃える柴」というお話から

先週はお話当番でした。
聖書箇所は出エジプト記2章11節〜4章14節。

3章もある長いストーリーをどうやって
10分程度に収められるか苦心しましたが、
良いサイトに助けられました。

モーセ.png

モーセは生まれて間もなく、エジプト王の命令で殺されなければならない運命でしたが、
エジプト王女に救い出され、王女の子として王宮で育てられました。

モーセが40歳になったとき、王宮の外のイスラエル人たちは
エジプト人に過酷な労働をさせられ、苦しめられている現状を見て、
何とかしなければ!と行動に出ます。

しかし、そのやり方はモーセの独りよがり。
同胞のイスラエル人たちから拒絶され、
エジプト王からも命を狙われてしまいました。
命からがら、ミデアンという荒野へ逃げてきました。

40年の荒野生活。
80歳になったとき、神様から声がかかりました。
この場面で燃えているのに燃え尽きない不思議な「燃える柴」がでてくるのでこのタイトルになっています。

「エジプト王のところに行って、イスラエル人を助け出しなさい。」
というのです。

かつてモーセはこのことで失敗し、失脚し、自分にはできないとあきらめ、心の奥底に封印してしまっていたかもしれません。
80歳になったモーセに、神様は「やりなさい」とおっしゃるのです。

「私にはとてもできません。」
「私のいうことなど誰も聞きません」
「人前で話すのは苦手です」
「他の人に言ってください」

モーセは断りましたが、
神様はモーセに力強いことばと奇跡でモーセを励ましました。

わたしはあなたとともにいる。
これがあなたのためのしるしである。
わたしがあなたをつかわすのだ。
出エジプト3:12


モーセは神様の御声に従い、出て行きました。
神様に不安な思いを必死に伝えるモーセの姿に励まされます。
私たちも不安や心配やどんなことでも祈りの中で
神様にお伝えすることができます。
主は祈りに答えてくださいます!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン



posted by kumonohashira at 15:54| 群馬 ☔| Comment(3) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

口コミのチカラ

この前、あるお友達が
セブンイレブンで売ってる抹茶大福が
超おいしくて、はまってる!

と言ってました。

一緒にいた別のお友達が、
私も食べてみた。
おいしかった〜!

と言うんです。

そんなにおいしい!
というのなら、私も・・・・と、
買ってきました。
こちら↓
DSC_0075抹茶.jpg
おいしいかったです!!
また買ってきたいです^^



・・・と、良かったものは、
口コミで広がります。


先週は、教会学校のお友達と一緒に
7月29日に行われる
「教会学校夏休みスペシャル!」
のチラシの絵を描きました。

昨年、よく描けていたお友達の絵は
代表でハガキの絵に使わせていただきました。
・・という話をしたら、
みんな張り切って描いてくれました。

なので、今年は力作ぞろいで
選ぶのが難しいです。


毎年恒例となった
夏休みスペシャルは
初めて教会に来たおともだちも
「すっごく楽しかった!」
と言ってくれます。

ホントに楽しいイベントです。


子供時代に1度でも教会に来たことのあるお友達は
大人になってからでも、
また教会に戻ってくる割合が高い
とよく言われます。

なので、
すっごく楽しい夏休みスペシャルに
今年もたくさんの人に来てもらいたいです。

楽しかった!!
の口コミが広まることを
願っています。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

posted by kumonohashira at 19:22| 群馬 ☔| Comment(8) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

父の日

この前は父の日。

中高科では、
父の日のメッセージカードを作りました。


名刺サイズのカード。
裏にメッセージを書いて、
四つ葉のクローバーを貼りつけました。



子供の陸上練習を見学しながら、
私はウォーキングしているとき、
6〜7本の四つ葉のクローバーを見つけました。
DSC_0074.JPG
丁寧に葉っぱを広げなかったのでちょっと不格好な押し葉になってしまいました。
これはたまたま
葉っぱにハート型の穴が開いているという・・
不思議なクローバーでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン




posted by kumonohashira at 12:54| 群馬 ☔| Comment(6) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

4つの種のお話

心に植え付けられたみことばを、
すなおに受け入れなさい。
みことばは、あなたがたのたましいを救うことができます。
ヤコブ1章21節


この前の教会学校の暗唱聖句です。

中高科では、この日の聖書箇所のマタイ13章をみんなで輪読し、
それぞれ心に残った箇所はどこか、を一人ずつ分かち合いました。

みんな、それぞれ違った箇所だったのが、面白い!!
一人ひとりに必要な箇所が神様から与えられたのだと思いました。

この日に読んだのは、「種まきのたとえ話」のところ。
この箇所のたとえ話をうたった歌があります。

道にまかれた種は 悪い鳥がみつけて
ごちそうさまもいわず ぬすんでたべた
神のことば聞いても 無関心な人は
豊かないのちの実を むすべはしない 

石地におちた種は すぐ芽を出したけれど
日照りがつづいたら 枯れてしまった
神のことば聞いても 気まぐれな心は
豊かないのちの実を むすべはしない 

いばらの中の種は 大きくのびたけれど
じゃまないばらが生えて 花も咲けない
神のことば聞いても 迷いやすい人は
豊かないのちの実を むすべはしない 

良い地におちた種は やがて季節がくると
豊かないのちの実を 枝にみのらす
神のことばの中で 育てられる人は
豊かないのちの実が たわわにみのる 


うちの庭にもたくさんの実が実っています。
ブルーベリー
DSC_0043.JPG
多く実る年と、そうでもない年といろいろ・・

ラズベリー
DSC_0042.JPG
2〜3株、ご近所さんから分けてもらったものですが、地下茎でどんどん株が増えてます!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン



posted by kumonohashira at 20:58| 群馬 ☔| Comment(2) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

花の日2012

この前の日曜日は、
花の日。

教会学校の子供たちと
地域の公共施設にお花を届けに行きました。

いつもお仕事ありがとうございます。
今日は花の日です。
このお花を飾ってください。


子供たちの感謝の言葉とともに
お花を贈りました。


最近、民営化とか合理化の流れのためか、
日曜日はしまっている施設も多くなり、
今年出かけた公共施設は
駅と消防署。

なので、
今年は高齢者の教会員のお宅も数件訪問し、
お花を届けました。

お花をお届けし、
お祈りしてきました。
CSC_0027.JPG
どのお宅もお庭のお花がきれいでした。
DSC_0023.JPG
この時期は
お花がたくさん咲きそろう時期、
ということで、「花の日」というのが始まったそうです。
DSC_0045.JPG


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン











posted by kumonohashira at 20:02| 群馬 ☔| Comment(4) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

母の日のプレゼント製作

この前の日曜日は
母の日。

教会学校では
母の日のプレゼントを作りました。
私の担当する中高科でも
母の日のプレゼントを作りました。

何をしようか・・
考えた末、今年のプレゼントは、
香り付きのしおり。


聖書に出てくる香りに興味を持った時期があって、
アロマオイルをいくつか買い集めました。
といっても使い方を習ったわけではないので、
使い方は、実はよくわかってません・・・

聖書に出てくる香りで有名なものといえば、
ナルド
でしょうか。

マリヤは、非常に高価な、純粋なナルドの香油三百グラムを取って、イエスの足に塗り、彼女の髪の毛でイエスの足をぬぐった。家は香油のかおりでいっぱいになった。
ヨハネ12章3節
 


私が購入したのは、
3mlで1260円もします。
生活の木アロマオイル(エッセンシャルオイル)ナルデ(スパイクナード)3ml

300gだといくらになるんでしょう!?

ナルドの香りは、
松ヤニを思わせる深い香り。
ほのかに、コケのような草のような土のような複雑な深い香り。
と紹介されていますが、

長時間閉め切った木造の部屋の香り・・のようで慣れないとイマオチもうやだ〜(悲しい顔)上手にブレンドすると、すごく良い高貴な香りになるそうです。


今回使ったのは、
ジュニパー
SSCN0043.JPG
聖書の中で
えにしだ
という名前で出てくるものです。

旧約聖書に出てくるエリヤという預言者は
疲れ切ってボロボロの状態になっていたとき、
えにしだの木の下で休み、食べ物を食べ、また力づけられました。
(この木がジュニパーかどうかはいろんな説があるようですが)

香りは、ウッディーでさわやかな甘い香り。


この香油を小さく切ったコットンにしみこませ、しおりのうらに貼り付けました。



出来栄えは・・・
実はいまいちだったので画像アップはできませんがたらーっ(汗)
父の日プレゼントのときには、
アロマオイルの使い方をもうちょっとよく調べて
上手に作ってみたいですね〜パンチ



幼稚化・小学科は別のプレゼントを作ってました。
息子、娘からいただいたのは、こちらのお花。
SSCN0039.JPG
プランターに植え替えてこの夏、楽しみたいですねかわいい

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


posted by kumonohashira at 20:25| 群馬 ☔| Comment(5) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。