2011年08月22日

「私たちの世界」というお話から

昨日の教会学校のお話のテーマは
環境問題!

【暗唱聖句】
神はお造りになったすべてのものを見られた。
見よ。
それは非常によかった。
創世記1章31節



神様が創られたこの世界を
管理するよう、
神様から任させています。




ちゃんと管理できているでしょうか?




中学科のお友達といっしょに
わかちあいました。


みんなで聖書を開いて、読む。


「みことばのパン」をいただく
このひとときはなんと幸いな時間か・・と感じています。


環境問題なんていう大きな課題に
ちっぽけな私ひとりの働きが何になるんでしょう・・・



同じ日の大人の礼拝では
東北の被災地での支援活動をするイザヤ58ネットで活躍しておられる先生がメッセージでした。
被災地での活動報告もされました。


ICチップとか工場からきた部品などがまざってしまった畑を元通りにする作業。
ひとつひとつ取り除いていくのは、
気の遠くなるような作業だそうです。


ヘドロだらけになってしまった庭。
取り除くのは重労働ですが、それを取り除いた結果、
木や草に花が咲き、緑がもどってきた様子が紹介されていました。



課題は大きい。けど、気にしない。
一人ひとりやれることをやる。


との言葉が心に残りました。




家に帰ってからも教えられました。
人は無力ではない。ただ微力なだけだ。

夜、読んだ本の中に出てきた言葉です。
刑務所伝道をしている先生の本です。詳細はのちほど。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン






posted by kumonohashira at 21:33| 群馬 ☔| Comment(4) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

虹!

この前の日曜日の教会学校では
分級の時間、シャボン玉をしました。

110807_0947~020001.jpg

「虹だ!」
一人のお友達が大きな声で言いました。

真夏の蒸し暑い午前中。
どこに虹が出たのかと思ったら、
ありました!

110807_0946~020001.jpg

シャボン玉の中に。


たくさん。
たくさん。


ちょうどこの日は
ノアの箱舟のお話の後半でした。


わたしは雲の中に、わたしの虹を立てる。
それはわたしと地との間の契約のしるしとなる。
創世記9章13節


神様はノアとその家族と契約を結びました。
神様は二度と全ての生き物を洪水によって滅ぼされないと
約束されました。

虹を見るたび、
ノアさんとノアさんの家族は
神様の約束を思い出したことでしょう。


私も思いがけず
小さな虹を見させていただき、
励まされました。


暗唱聖句は
忠実な人は多くの祝福を得る。
箴言28章20節



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
posted by kumonohashira at 17:47| 群馬 ☁| Comment(2) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

「ノアと箱舟」のお話

雨の記事が続きますが・・・霧小雨霧


この前の教会学校のお話は
ノアと箱舟
のお話でした。


神様がこの地上に大雨がと洪水が起こされました。


時節柄、この箇所がふさわしくない
と思われる地域ではここを飛ばして、
次のお話に進んでください、
と教師用テキストには書かれてありましたが、
私たちの教会ではこの箇所からのお話でした。



しかけ絵本
ノアのはこぶね [大型本] / リンダ パリー (著); アラン パリー (イラスト); Li...
を使ってのお話でした。


絵本のしかけがすごく面白くて、


船の部品が別についていて、
船が組み立てられるようになっていたり、

動物たちがつがいで船に入って行く様子のしかけとか

雨が40日降り続いてどんどんいっぱいになっていく様子のしかけとか

子供たちが釘付けになっていました。



分級で、中学科は
聖書を輪読し、今日の箇所を味わいました。


心に残ったみことばは?

Aさん
ノアが500歳になったとき、
ノアはセム、ハム、ヤペテを生んだ。
創世記5章32節


ノアの箱舟より前の人たちはすごく長寿でした。
ノアの箱舟の後では神様は人の寿命を100歳程度にされました。
天の水門が張り裂けて、大雨が降った後の地球は
地球を包むうるおいベールがなくなって、
長生きしづらい環境になっていると読んだことがあります。



Bさん
ノアは、すべて神が命じられたとおりにし、そのように行った。
創世記6章22節


神様のおことばをきいて、実行するノアさんのような人は
岩の上に家を建てるかしこい人だと、聖書は言っていますよね。



暗唱聖句は、

ノアは、正しい人であって、
その時代にあっても、
全き人であった。
ノアは神とともに歩んだ。
創世記6章9節


中学校の保護者会などに行くと、
いろんな話を聞いてきます。
大小様々な問題も日々起きているようで・・


どのような時代の中にあっても
神とともに歩んで行けるように・・
とお祈りしました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
posted by kumonohashira at 15:55| 群馬 ☔| Comment(4) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

おすすめ★バーベキュー

昨日は天気予報で言っていたほどの猛暑にはならず、
ちょうど良いお天気の中、
CS夏休みスペシャルが行われました〜〜晴れ

前半は集会と水遊び。
110724_1434~010001.jpg

みんなのお楽しみは第2部のバーベキュー!?

バーベキュー男子たちの活躍で、
母たちはのんびり座って食べられたのが嬉しいっ猫

110724_1756~010001.jpg


今回好評だったのは、

その1  焼きナス!
ナスは2等分に切って、皮のほうを下にして焼くと
中がとろっとろになって、
超旨い!

山ほどあったナスが、売れに売れました。


その2  ホッケ
海鮮バーベキューは、海なし県在住のためか、あまり縁がなく、
普段はほぼ100%肉ばかりのバーベキューなのですが、
教会バーベキューで初めて取り入れてみた、ホッケ。

好評でした。
肉のあいまに魚が入ると、いいですよ〜
焼きたてをみんなでつっつきあって、食べました。




去年の大好評は、焼きマシュマロでしたが、
今年もオモシロい焼き物が入った〜と喜ばれ、
買い物担当として、ホッとし、嬉しくなりましたわーい(嬉しい顔)





中学生の活躍がうれしい夏休みスペシャル!でした。

女の子たちは、クイズタイム。
大人たちはバーベキューの準備で、
全く関わっていなかったのですが、
聞こえてくるマイクの声が楽しそうで、
随分盛り上がっていたようです。


男の子たちは、バーベキューと花火。
バーベキューの火起こしから焼き加減や味付け、炭の管理まで。
打ち上げ花火の点火も楽しんでやってくれて・・


こういうイベントに中学生たちが楽しんで加わってもらうにはどうしたらよいか・・悩むところですが、今回は中学生たちの大・活・躍!!が何よりでしたかわいい


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン




posted by kumonohashira at 17:16| 群馬 ☁| Comment(6) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

2011夏休みスペシャル!のお知らせ

あさって、7月21日から子供たちは夏休みが始まります!



今年も・・・・

教会学校 夏休みスペシャル!

が行われますよ!

7月24日(日)13:30〜
場所・お問い合わせ:尾島キリスト教会 
太田市阿久津町96
☎0276−52−0086


どんな内容かと言うと・・・

水をつかってあそぼう!! 


SSCN6062.JPG
写真は過去のもの。
きゃー、これが割れたらたいへん〜〜

着替えの準備をお願いします。


すいかわりもあるよ! 


SSCN6059.JPG
写真は過去のもの。




第2部 

17:00〜 バーベキュー
 

参加費 大人(中学生以上)500円  小学生300円



皆さんのお越しをお待ちしております。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


posted by kumonohashira at 13:49| 群馬 ☔| Comment(4) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

似たものになるように

最近読んだ本の中に
本当の「癒しの空間」とはどんな空間か?
ということが書かれてありました。


「癒しの空間」を提供するサービスがいろいろあるようで、
快適な室温と湿度、心地よい香り、
家具、使用する色など快適な条件が備わっている部屋なのだろうけれど、
そのような空間にいても疎外感を感じることがあるというのです。



本当の「癒しの空間」とは、
心を開いて、話を聞いてくれる人と一緒にいる空間。
自分の弱点を隠して、見栄を張らなくてもいい世界が、
癒しの世界であり、リラックスの世界。


人は、人と打ち解けることで、
心身の疲れがいやされる。



と、ありました。





詳しくはこちらの本
だれとも打ち解けられない人 (PHP新書) [新書] / 加藤 諦三 (著); PHP研究所 (刊)




昨日の教会学校のお話は、
旧約聖書の創世記から。



神は人をご自身のかたちとして創造された。
神のかたちとして彼を創造し、
男と女とに彼らを創造された。
創世記1章27節




人は、サルから進化したのではなく、
神のかたちに創られた尊い存在だと
聖書は教えています。


人は、神様に似たものとして創造されました。


子供は親に似ているものです。
夫婦も長い時間一緒にいることで、だんだん似てくるといいます。



いつもいっしょににいてくださると約束してくださっている
インマヌエルの神様といつもいっしょに過ごし、
似たものとされますように・・・




私たちの顔にイエス様の姿を見出し、
天国のことが思い起こされる祝福があることを
祈ります。


・・・と、また別の本からの引用。



本当にそう願い、祈ります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
posted by kumonohashira at 15:56| 群馬 ☀| Comment(4) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

みことばを行う

先日、小学校の高学年の保健委員の子供達による「噛むことの大切さ」の発表を聞いてきました。

保健委員の子供達が実際に調べた調査結果を発表してくれました。


弥生時代の食事は3990回噛む食事。

江戸時代の食事は1440回噛む食事。

戦前の日本の食事も1440回。


現代の食事は620回。


しっかり噛んで食べる食事の大切さを学んできました。


いいお話でした「!!」






しかしさらに大事なのは、聞いただけで終わりにするのではなく、実際に行うこと。



みことばを実行する人になりなさい。
自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません。
ヤコブ1:22


この前の教会学校の暗唱聖句です。



どういう人が「賢い人」なのか

聖書には
「みことばを聞いてそれを行う者」
と書かれています。


人生の中で起こる「嵐」のときにも耐えられる
しっかりした土台を持つことの大切さを教えられました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
posted by kumonohashira at 23:12| 群馬 🌁| Comment(5) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

正しい人間関係

先週は教会学校のお話当番でした。


イエス様の山上の説教のシリーズが続いていて、
その3週目。


今回のテーマは「正しい人間関係」

昔の人々に、「人を殺してはならない。
人を殺す者は、さばきを受けなければならない。
と言われたのを、あなたがたは聞いています。
しかし、わたしはあなたがたに言います。
兄弟に向かって腹を立てる者は、
だれでもさばきを受けなければなりません。
兄弟に向かって、「能なし」と言うようなものは、
最高議会に引き渡されます。
また、「ばか者」と言うような者は、
燃えるゲヘナに投げ込まれます。
マタイ5章21〜22章



お友達や兄弟に向かって傷つけるような言葉を言うことは
その人を殺したのと同じで、罰を受けなければならない、
というのです。



以前、こどものさんびかで面白い曲を見つけたので、
子供たちの前で弾き語って(というほどでもありませんが)
歌ったことがあります。




「きょうだいげんかを」というタイトルの歌です。



きょうだいげんかをしない日は
とおかにいちどか つき2かい
なかよくするのは むずかしい

かみさま かみさま かみさま
そのわけ おしえてください



チャキさんのブログで
また思いだしました!ありがとうございました!



これを聞いた息子たち、
うちの場合は、
兄弟げんかをしない日は、年に1度か、2回だな。

と言っていました。


そのくらいよくけんかしてます。


かくいう私も三人姉妹の長女で、
超イジワルで残忍な姉として
妹たちの上に君臨していました。


今はもちろんけんかすることも
なくなりましたので、
息子たちも大丈夫とは思いますが・・・
神様の憐れみを求めて祈るばかりです。


なかよくするのは むずかしい

かみさま かみさま かみさま
そのわけ おしえてください



【暗唱聖句】
自分にしてもらいたいと望むとおり
人にもそのようにしなさい。
ルカ6章31節



正しい人間関係を築くための
大切な教えを学びました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


posted by kumonohashira at 19:41| 群馬 ☔| Comment(4) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

母の日でした

おとといは母の日でした。


教会学校では
中学科は先週のうちに
お母さんあてにお手紙を書き、
すでに郵送済み。

我が家にも届きました。
057.JPG

住所が書かれてあったところを切り取れば
写真立てにもなるというアイデア封筒です。

056.JPG
(注)これは息子ではありません





中には息子からのメッセージが。


たあたたたりさたたがさたとたたたたたたささう


その下に
さぬきうどんとたぬきの絵が書かれてありました。


感謝!!



小学科の子供たちは
子供たちの絵の入ったカレンダー
をいただきました。



感謝!!!




【暗唱聖句】
心のきよい者は幸いです。
その人たちは神を見るから。
マタイ5章8節




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン




posted by kumonohashira at 16:56| 群馬 ☀| Comment(2) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

イースターおめでとう(^O^)/

イースターおめでとうございますっぴかぴか(新しい)



昨日はイースター礼拝が行われ、
礼拝のあと、こどもたちがたまごをくばりました。

今年のイースターエッグはこちら

110425_1733~01.jpg

キャンディーみたいなラッピングでした。

たくさん教会からもらって帰ったのに、
気づいたらあと一個だけ。
それも夕食で食べようと思ったら、
もう殻だけになってた・・・
たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)



午後は教会学校の行事、イースタースペシャル!!
が行われました。


感謝だったのは今年中学生になったお友達によるゲームタイム。
午前中の教会学校の分級の時間に打ち合わせをしたんだけど、
みんなのまとまりというか、
話し合いに集中する様子がなくて・・・モバQモバQモバQ
とはいえ、本番には
三人の持ち味を生かしたゆる〜〜い感じで
ゲームタイムが行われ、
小学生以下のお友達が楽しんでましたわーい(嬉しい顔)

このゲームタイムの間に教師たちがたまごを隠し、
お待ちかねの
たまごさがしるんるんるんるんグッド(上向き矢印)


今年はたまごとおかし(ちっちゃいひよこがついてる)を見つけます。
110425_2129~010001.jpg

いろいろ面白い所に隠してありましたよ。
あー写真撮れなくて残念もうやだ〜(悲しい顔)


次に立場が逆転して、
子供たちが隠す番。

大人たちが探します。
隠し場所の難易度が高いあせあせ(飛び散る汗)

けど、無事すべて見つかりましたかわいい


【今週の暗唱聖句】
ここにはおられません。
よみがえられたのです。
ルカ24章6節



イエス様は墓の中にはおられませんでした。
新しい希望と力にあふれた
復活のいのちをもってよみがえられました。



新中学生たちが続けて教会学校に出席していて感謝です。
復活の希望と力をいただいて、
歩んでいけるように・・・パンチ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン



posted by kumonohashira at 22:15| 群馬 ☔| Comment(2) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

イースタースペシャル!

4月24日(日)はイースターです。


イースターは毎年、日が違います。


「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」と決まっているそう。


3月末頃のときもあったり、
4月上旬だったり。
今年は例年に比べると遅いほうですね。



最近はイースター関連商品をいろんなところで見かけるようになりました。

110414_1511~01.jpg
かわいいイースターのクッキーるんるん

自分で作れたらもっといいだろうなぁ〜〜




さて、今年も恒例の

教会学校イースタースペシャル
が行われます。


4月24日(日)13:30〜

みんなのお楽しみは

たまごさがし。


見つけられるかな???



お待ちしております〜


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
posted by kumonohashira at 15:16| 群馬 ☁| Comment(4) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

マルタとマリヤ

聖書の中であなたが好きな箇所はどこですか?
という質問はよくありますが、

苦手な個所はどこですか?
・・・という質問はどうでしょう。





ある方はルツ記(麗しい嫁姑関係が書かれている)が苦手と言ってました。
ある方は使徒行伝8章のピリポが宦官に伝道するところ(宦官が簡単に信じてしまうから、だそうです)


私は、マルタとマリヤのお話が苦手。
先週のcsのお話がこの箇所でした。



さて、彼らが旅を続けているうち、
イエスがある村に入られると、
マルタという女が喜んで家ににお迎えした。
彼女にマリアという妹がいたが、
主の足もとにすわって、
みことばに聞き入っていた。
ところがマルタは、いろいろともてなしのために
気が落ち着かず、みもとに来て言った。
「主よ、妹が私にだけにおもてなしをさせているのを、
何ともお思いにならないのでしょうか。
私の手伝いをするように、妹におっしゃてください。」
主は答えて言われた。
「マルタ、マルタ、あなたは、いろいろなことを心配して、気を使っています。
しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、ひとつだけです。
マリヤはその良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません。
 」
(ルカ10章38〜42節)



3年前、私のお話当番のとき、
この箇所が当たりましたが、
マリヤの態度にイライラし、
マルタがこれではかわいそう!

・・と祈りの中で格闘、葛藤しながら
お話の準備しました。


当時、子供たちにマルタさんの気持ちがわかる?
と聞いたら、
下級科のお友達などは、
わからないーーー
なんともおもわないーーー

と元気に答えていたのを覚えています。
(子供はだいたいマリヤの立場でいることが多いからでしょうか?おもてなしに忙しい母たちと違って)


その同じ話が先週あったのですが、
分級の中で、
同じ質問を高学年のお友達に聞いてみました。


6年生の女の子は、
マルタの気持ちがわかる、と話してくれました。
3年前とは気持ちの面で成長したんだと思いました。



私もかつてさんざん格闘した結果、
たくさんのことをこの箇所から教えられ、
いろいろなことを悟らせていただきました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

福音の汽車用






posted by kumonohashira at 17:34| 群馬 ☀| Comment(4) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

震災被害のために祈りました

小学校に通う子供たちは
昨日からヘルメットをかぶって登校しています。

給食は今週いっぱい中止で
お弁当、水筒持参で登校しています。


となりの市では原発事故の影響でしょうか、
今日は小中学校が休校だそうです。


今後行われる予定だった行事が次々と中止になっています。
震災の被害はこの地域、ほとんどありませんでしたが、
いろいろなところに影響が出ています。


時計


この前の日曜日はいつものように
教会に集い、礼拝を捧げました。

いつもの場所で
いつもと同じ仲間たちと
いつものように礼拝をささげられるのは
何と感謝なことでしょう。


私たちにできること。
大きな声で賛美!



きみはかみさまにネ 話したことあるかい?
心にあるままをうちあけて

天のかみさまはネ きみのこと何でも
わかっておられるんだ 何でもね

だから空あおいで
「かみさま」とひとこと
祈ってごらんよ わかるから

小川のほとりでも
ひとごみのなかでも
広い世界のどこにいても

ほんとの神様は今も生きておられ
おいのりにこたえてくださる!



私の大好きな「祈ってごらんよわかるから」という賛美です。



分級では子供たちと一緒に
今回の震災のことを覚えて
お祈りしました。

子供たちと一緒に心を合わせてお祈りできることも本当に感謝なことです。


震災など災害時にはどのような対応をしたらよいのか、
ネットではいろいろな人がいろいろな情報を書いてくれています。


その中で、

最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。
というのがありました。


災害時の混乱の中で起きやすい人災の被害から守るため、不安を一人で抱え込まないため
等の理由が書かれてありましたが、なるほどと思いました。


教会でも「小グループ」の活動をされている方のお話を聞いたばかりです。
ともに喜び、ともに泣き、助け合い、祈りあうことのできる小さな集まり、
新しく救われクリスチャンとなる人が起こされる小さな集まり、
何と麗しい!
お聞きしながら感動でした。
今の時代、特に必要な働き!!!と教えられました!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン














posted by kumonohashira at 14:41| 群馬 ☁| Comment(8) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

csお楽しみ会のことなど

2月27日の子供の礼拝で
君は愛されるため生まれた
をみんなで歌いました。


いろんな歌い方があるかと思いますが、
こんなやり方で歌ってみました。


♪♪  君は愛されるため生まれた
  君の生涯は愛で満ちている  ♪♪ 
・・・・@


という歌詞ではじまります(この歌詞もいろんなバージョンがあると思いますが)



最後は

♪♪  君は愛されるため生まれた
   今もその愛受けている   ♪♪ 
・・・A

で終わります。


@とAを同時に歌います。
2グループに分けて、歌ってみました。


即興のコーラスになります。


ところどころ音がつられてしまったところもありましたが、
きれいなハーモニーになりました。


一度試してみたかったのですが、
この日初めて試せました。


歌うのは楽しいです。
ハモって歌えるともっと楽しいですね〜♪



さて、午後はCSお楽しみ会でした。


思いがけず、
やってきてくれたお友達もいて、
嬉しい思いでいっぱいでした。


短い集会のあと、ゲームタイム。


卓球は高学年の部と低学年の部でミニ大会を開催。
ペットボトルをつかったミニボーリングは小さい子から大きな子まで楽しんでたかな?

ダーツが思いがけず人気でした。

【再入荷】PUMA Soft Board PRO 15.5インチ【ダーツボード】【格安】【激安】【dartsboard】【Men's Brand掲載】

自動的に点をつけてくれて、しゃべったりするというエレクトリックダーツ。
最近のおもちゃはすごい!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


posted by kumonohashira at 14:30| 群馬 ☀| Comment(2) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

CSお楽しみ会のご案内

次週2月27日(日)13:30から


毎年この時期の恒例行事の
CSお楽しみ会

を行いま〜すかわいい


お楽しみのメインは

卓球大会!!・・・・かな?

高学年の子たちは楽しみにしています手(グー)


小さいお友達のためには
ミニボーリング、オモシロゲーム、ありますよ〜ぴかぴか(新しい)

参加は無料。
動きやすいスタイルでお越しくださいねわーい(嬉しい顔)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


posted by kumonohashira at 14:11| 群馬 ☁| Comment(4) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

ネヘミヤさんのお話(後編)

この前の日曜日のお話は
ネヘミヤさんのお話の後編。


エルサレムの城壁の再建のため、
王の献酌官の仕事を辞し、
エルサレムへ行きました。


エルサレムは乗っているロバの通るところもない状況でした。


城壁の再建に反対し、妨害する人たちもいました。


エルサレムに住むユダヤ人みんなで協力し合って
作業を進めましたが、
住民たちの間の問題もありました。


ネヘミヤさんは
いつも神様を見上げ、
よく祈る信仰の人。

次々に襲ってくる困難の中でも
くじけず、
知恵と勇気を発揮して、
現実的な対応をする
リーダーシップのある人でした。



【暗唱聖句】
天の神ご自身が、
私たちを成功させてくださる。
ネヘミヤ2章20節



山のような問題を前に
ネヘミヤさんが言った言葉です。



うちも子供部屋の再建に取りかからなくてはならないです。

廃墟のようになっています
いえ、そこまでひどくはないです(念のため)

ネヘミヤさんのように、
リーダーシップを発揮し、
みんなで協力して、
落ち着いて勉強できる環境へと
作業を進めていかなくては・・・



さて、分級では
2月の誕生会の予定でしたが、
2月の誕生者が2人とも
風邪のため、欠席。

主役のいないまま、
ケーキだけみんなでいただきました。
110213_0955~01.jpg

生クリームといちごを
自分でトッピング
110213_0957~01.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン





posted by kumonohashira at 12:45| 群馬 ☁| Comment(6) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

「ネヘミヤの祈り」というお話

この前のお話はネヘミヤさんのお話でした。
時代は、前回のエステルさんに引き続き、ペルシャ帝国の時代。

この時代に、クロス王様によってユダヤ人は自分の国に帰りなさい、
という命令がすでに出ており、
多くのユダヤ民族が国に帰ることができていました。


ネヘミヤさんはまだペルシャの国に残っている人でした。


ある時、親戚の人がユダヤから来たお客様を連れてやってきたので、
その後ユダの国がどうなっているか、聞きました。

「エルサレムはひどい状態です。
戻った人たちも大変な中で暮らしています。
エルサレムの町の城壁も壊され、
門も焼かれてしまいました。」


ネヘミヤさんはとても悲しくなり、
何日も断食してお祈りしました。

(お話は次回へ続く・・・手(パー)

ネヘミヤさんの祈ったお祈りからこの日は学びました。


暗唱聖句】
何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、
神はその願いを聞いてくださるということ、
これこそ神に対する私たちの確信です。
ヨハネ第一の手紙5章14節




ネヘミヤさんのお祈りは
@ 神様がどんなお方か。
A 罪の悔い改め
B みことばへの信頼
C とりなしの祈りと願い

という形になっています。
詳しくはネヘミヤ記1章5〜11節をご覧ください。



神さまがどんなお方かというのは、ある本にリストがありました。

癒す方、購い主、私を救う方、私の力、避け所、友、弁護する方、生き返らせる方、永遠の父、愛である方、仲介者、砦、いのちのパン、隠れ場、堅固なやぐら、永遠の光、休み場、嵐のときの避け所、真理の御霊、生ける水、永遠のいのち、ワンダフルカウンセラー・・・・

本にはまだ続きがありますが、以下略。
これを読むだけで力が湧いてきます手(グー)グッド(上向き矢印)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
posted by kumonohashira at 13:18| 群馬 ☁| Comment(5) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

王妃エステルのお話(後半)

昨日の教会学校のお話は
エステル記のお話の後半でした。


王様の前に出る決心をしたエステルは
3日間飲んだり食べたりしないで、お祈りしました。

002.JPG

3日後、一番きれいなドレスを着て
王様の部屋の前にある庭に入りました。


王様はエステルを見ると
金の杖をエステルのほうに差し伸べました。
王様がエステルが入ってくることを許可してくれた、という意味です。

003.JPG

王様はエステルに聞きました。
「エステル、何か願い事でもあるのかね?」

本当のお願い事は伝えず、
王様にハマンと一緒にエステルが設けた宴会に来てほしい、
とお願いしました。


宴会で王様とハマンは上機嫌でした。

004.JPG

その宴会の席でも
本当の願いは伝えず、
明日もう一度宴会に来てほしいと頼みました。




翌日、エステルの設けた宴会に
王様とハマンがまた出かけて行きました。

王様もハマンも上機嫌です。

004.JPG

ついに
エステルは勇気を振り絞って
自分の願いを伝えました。


「王様、私の願いはこうです。
私も仲間のユダヤ人も、
ある人のたくらみで殺されようとしています。
どうか助けてください。
私たちユダヤ人の命を救ってください。」


「そんなことをたくらんでいるのはどこのだれなんだ?」

「ここにいるハマンです」


ハマンは真っ青になって震えました。
王様はハマンに怒りを燃やし、厳しい罰を与えました。


新しい命令が出され、
ユダヤ人は殺されなくてすみました。


どこの町でもユダヤ人たちは大喜びで
お祝いしました。


006.JPG

ユダヤ人たちは今でも「プリムの祭り」という名前で
毎年お祝いしているそうです。


【暗唱聖句】
神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、
神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。
ローマ8章28節




今回ここに書いた部分は
エステル記にでてくる多くの部分を省略しています。


省略した部分がじつは
今日の暗唱聖句と深く関わっているようにも思うので、
それに、特に面白い部分でもあるので、
ぜひぜひ聖書のエステル記を読んでみてください!




この日の子供の礼拝は
私と長男は最初の15分だけしか参加できなかったので、
お話の時間にはいなかったのですが、
次男と長女が家に帰ってから
どんなお話だったか教えてくれました。



よーーーーーーくお話を覚えていたので
驚きました。




先週、CS教師研修会というのに参加する機会がありましたが、

「子供もみことばによって養われる」と、

大人も、子供もディボーション(聖書を読んで黙想する)は大切だと教えられました。





どうやったら子供たちがディボーションできるようになるのか・・
祈って知恵を求ますあせあせ(飛び散る汗)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


posted by kumonohashira at 14:11| 群馬 ☁| Comment(6) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

王妃エステルのお話

このまえの日曜日のお話は
エステルさんのお話でした。

エステルさんはペルシャという国に住んでいたユダヤ人の娘。
両親と早くに死に別れ、親戚のモルデカイさんに育てられていた人です。


ペルシャの国で王妃を選ぶことになり、
国中の美しい娘たちが集められ、
その中から選ばれ、
ペルシャ王アハシュエロス王(クセルクセス1世)のお妃になりました。

110128_2152~01.jpg

その頃、王国では
ハマンという人が一番偉い大臣に選ばれました。
ハマンはとても威張っていて、
「みんな私を見たらひざまずいて拝みなさい」
と命令し、
110128_2149~010001.jpg

みんな仕方なくお時儀をしていましたが、
モルデカイだけは決してお時儀をしませんでした。

ハマンは怒り、
モルデカイひとりだけ懲らしめるのでは満足できない!
モルデカイの民族ユダヤ民族全員滅ぼしてやる!
と恐ろしい計画を立てました。

110128_2149~020001.jpg

ユダヤ人全員を滅ぼす
という命令が発布されると、
ユダヤ人たちは大きな声で泣きました。
モルデカイも泣きました。

110128_2149~030001.jpg

モルデカイはお城にいるエステルに、
「王様にこの命令を取り消してくれるよう
頼んでくれ。」
と伝えました。

エステルは困りましたが、
「あなたがこの王国に来たのは、もしかすると、
この時のためであるかもしれない。」
(エステル記4:14)

というモルデカイの説得によって
命をかけて王様の前にでる決心をしました。




【暗唱聖句】
神は、みこころのままに、
あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、
事を行わせて下さるのです。
ピリピ2章13節


ずっと以前に教会に来られた先生のお話の中で
「バイタリティ」ということが語られました。
企業が新入社員に求める要素として
男女とも上位に入っているものだと話されていました。


活力とか生命力と辞書に書いてあります。

その先生は
バイタリティとはバネの力。
毎日同じことを同じように繰り返していく中でたくわえられ、
強くなっていく力だ、と話されていました。


エステルさんのお城の中での生活は
「籠の中の鳥」みたいだな〜と感じましたが、
与えられた環境や持っているものに満足し、
感謝し、精一杯生きている姿を思いました。


それぞれ与えられている環境の中で、
それぞれに与えられている目標、志に向かって
感謝しながら精いっぱいやっていきたい
と教えられた今日のお話でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
posted by kumonohashira at 22:18| 群馬 ☁| Comment(6) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

He's been faithful

夢を見ました。
怖い夢でした。

その夢にどんな意味があるのか・・・
夢の意味を解き明かしてもらいたい・・・



が、どんな夢かは夢の内容は話せません!



私も初夢で怖い夢を見ましたが、
これは、私のことではなくて、
今日の教会学校のお話のことです。



バビロンのネブカデネザル王が
バビロンの知者たちに命じました。


私の見た夢の
解き明かしができなければ、
お前たちを死刑にするぞ。




こんなむちゃくちゃな命令に
ダニエルが立ち向かいました。


ダニエルは一緒に学んでいる仲間たちに
「いっしょに祈ってよ。」
といって、このことのために
心を合わせてお祈りしました。


すると神様が夢の意味を示してくださり、
ダニエルは王の前に出て行き、
王の見た夢の内容とその解き明かしをすることができました。



分級では女の子チームで集まり、
みんなでお祈りしました。


「いっしょに祈ってよ」といって
一緒に祈る仲間がいるのは、
うれしいことです!


うれしい思いでいっぱいになった
今日の分級でした。


晴れ


今日は、教会学校の後すぐ
出かけなければなりませんでした。

その用件が無事に終わるまでは・・・
・・・ととても気がかりなここ数日でしたが、



最高の状態で終えることができました!!!


本当に神様、すばらしい!



神の御名は
とこしえからとこしえまで
ほむべきなか。
知恵と力は神のもの。
ダニエル2章20節



ダニエルが神様から夢の解き明かしをいただいたときの
ダニエルの賛美のことばが
今日の暗唱聖句。



お腹も心もいっぱいで、
今日は夕ご飯はもう何もいらない〜
という状態でしたが、

育ち盛りの子供たちの胃袋は
夕方にはからっぽなので、 
仕方なく
買い物に出かけました。




スーパーの入り口の屋台でちょっと買ったら、
ものすごくいっぱいいろいろサービスしてくれて、
・・・・
わーい(嬉しい顔)
こんなことも
うれし〜〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
感謝!



この賛美にアーメン!です。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


blogram投票ボタン


posted by kumonohashira at 22:26| 群馬 ☁| Comment(4) | 教会学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。